未成年者の登山|格安の旅行で名所をたっぷり周る|楽しい想い出探し

格安の旅行で名所をたっぷり周る|楽しい想い出探し

未成年者の登山

ファミリー

必要な手続き

富士登山には、体力が許す限り、あらゆる年齢層の人が参加することが出来ます。さすがに生後3日の赤ちゃんをつれて登るのはやめたほうがいいということになりますが、特に未成年だからと言ってNOを宣告されるわけではありません。ツアーには、20歳未満の人も参加することが出来ます。きちんと装備を用意して、富士登山で心得るべきマナーを押さえた上で登る限りにおいては、未成年者でもツアー参加はOKなのです。そういうわけで、たとえば家族での富士登山も出来ないわけではありません。ただし、子どもたちだけの富士登山ということになると、特別な手続きが必要となります。手続き、と言っても小難しいものではありません。登山に挑む未成年者の保護者となる人が書く同意書を、ツアーを企画したところに提出する必要があるのです。

若者だけの参加

ただし、すべての未成年者がツアー前に同意書を提出しなければならないというわけではありません。たとえば、未成年者の息子をつれて富士登山をするんだという場合に、お父さんやお母さんが息子の分の同意書を書かなければならないわけではないわけです。同意書が必要なのは、あくまでも「未成年者だけ」の参加をするときです。山登りが好きな学生が友だちと何人かで山を登るというとき、同意書が登場することになります。ひとりでも成人の人がついていれば同意書は必要なく、親戚のおっちゃんでも学校の先生でも、きちんと引率してくれる人がいるのであれば、この手続きは不要となります。